不動産取引に不可欠!!「重要事項説明書」

不動産業者を通して不動産取引を行う際に必ず必要なのが、宅地建物取引主任者の資格を持った人による重要事項の説明です。

不動産の購入や賃貸を検討する人に対して、宅地建物取引業者はその契約の重要事項について、契約の前に説明を行う義務があるのです。

ではなぜ、重要事項説明が義務付けられて入るのでしょうか。これは契約者が不利益を被らないために行われるのです。

例えば水道が通っていない物件を借りたら、そこで生活するのは困難ですよね。家を建てようと購入した土地が、建物を建てることのできない場所だったら、その土地は購入する意味はありません。

ですから、こうした購入者や賃借者の不利益に繋がる事項を説明しなければいけないことになっているのです。

ですが、説明を受ける側もある程度知識があったほうが有利です。なぜなら、全く知識がなければ、どんな条件が有利で、どんな条件が不利なのかすらわからないからです。

不動産の購入や売却には大きなお金が動く、人生でそう何度も経験することのないものですから、失敗するわけには行きません。

自分の身を守るためにも、まずは重要事項説明書が何なのか、見るべきポイントはどんなところなのかという事を知っていきましょう。

不動産取引に不可欠!!「重要事項説明書」

重要事項説明書について知る

重要事項説明書は、不利な契約をしないためにも必要

重要事項説明書を見るポイント

重要事項説明書を見るポイントについて紹介します

不動産業者の義務、「重要事項説明書」について紹介します

Category

重要事項説明書について知る
重要事項説明書とは
重要事項説明書の基本記載事項
宅建主任者だけが説明できる
もし、重要事項説明がなかったら
マンション賃貸・購入のみの記載事項
説明のない部分も重要
大家さんと直接契約するとき
重要事項説明書を見るポイント
不動産の表示
売り主の表示
法令に基づく制限
敷地と通路の関係
飲用水・ガス・電気の供給
売買代金など金銭について
契約の解除に関する事項